知ってますか?葬儀の段取り

このエントリーをはてなブックマークに追加

七五三の記念写真

子供の行事として全国的に最もポピュラーなものが七五三ではないでしょうか。
男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳に行われることが多いようです。
男の子の三歳は省略される地域もあります。
11月15日が正式なお祝いの日ですが、実際には10月、11月の土日に行う人が多いです。

七五三の記念写真は、着物やドレスなどの正装で撮られることが多いです。
これもやはり、写真館によってはレンタル衣装が無料のところがあります。
着物の持ち込みの場合は、忘れ物のないように注意しましょう。
また、七五三の衣装は、年齢・性別によって着物が変わります。
女の子の場合、三歳では帯を締めずに紐で結び、上から被布を着ます。
七歳は「帯解の儀」ともいい、始めて帯を結びます。
男の子の場合、三歳は男児用の被布を着ます。
五歳では袴を身につけます。
男女ともに、三歳のときの着物はお宮参りの着物を仕立て直すことが多いようです。
子供の着物ですので、軽めに仕立てるように気をつけると良いでしょう。

子供にとって、長時間着物を着たままでいるのは負担が大きいものです。
最近では、記念撮影を着物で行い、お参り当日は楽な格好で(少しおめかしをしたくらいで)出かける人も多いようです。
七五三の写真撮影は大変混み合いますから、余裕をもって事前に撮影をしておき、当日は負担の少ないようにした方が子供、特に三歳児には楽なようです。
子供が一番楽しめるように、余裕を持ったスケジュールを立ててあげると良いでしょう。

注目の葬儀についての話はこのサイトをブックマークしましょう

Copyright (C)2017知ってますか?葬儀の段取り.All rights reserved.