知ってますか?葬儀の段取り

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんの誕生を祝い

子供が生まれて、最初の行事がお宮参りではないでしょうか。
お宮参りは、赤ちゃんが生誕1ヶ月を迎えたことを産土神に感謝し、報告することをいいます。
赤ちゃんの誕生を祝い、健やかな成長を願う儀式です。
男の子の場合は生後31日目か32日目、女の子はその1、2日後に行うことが多いようです。

人生で最初の記念写真ですので、とても良い思い出になるでしょう。
スナップ写真もいいものですが、写真館での記念撮影は、また格別なものがあります。

しかし、生後まもない赤ちゃんは日によって体調が変化しやすいですので、赤ちゃんの健康を一番に考え、日取りはフレキシブルに対応した方がよいでしょう。
お参りする神社も近くにしておいた方がよいです。

お宮参りは赤ちゃんがまだ生後1ヶ月、母体も産後すぐでまだ本調子ではないときに行います。
特に初産の場合は慣れない子育てで疲労も濃く、疲れやすい時期です。
お宮参り当日の撮影はできれば避けた方が無難でしょう。
赤ちゃんが飲んだお乳を吐いたり、柔らかいうんちをしたりして晴れ着が汚れてしまうことも考えられますので、そういった意味でも別の日の撮影をお勧めします。
どうしても当日に写真を撮影する場合には、神社の近くの写真館を予約しておくようにしましょう。

衣装は写真館でレンタルできる場合もあります。
写真館によっては、無料で何着でも衣装を替えられるところもあります。
料金は、やはり出来上がりの仕様次第ですが3万から5万くらいになります。
Copyright (C)2017知ってますか?葬儀の段取り.All rights reserved.